<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2017年 11月 30日
九州旅行~3日目 高千穂
最後は高千穂峡へ。
子供達、とにもかくにもボートを楽しみに。

お昼過ぎに向かうと、なんと、駐車場はもう一杯で
臨時駐車場へ。
ここから、ボート乗り場までは徒歩20分ほどでしたが、
ここまでの道のり、とても気持ちよかたったです♡


お昼過ぎに到着すると、既に、ボートは90分まち!
高千穂。静かな場所をイメージしていたのですが、
土曜日ということもあってか、すんごい人でした。


ターコイズ色の川と滝。緑と紅葉。
とっても綺麗でした。


3人乗りボートのため、2組に分かれて、
わたしは長女が漕いでくれるボートに。
たのもしい!なんだか、嬉しかったなぁ。



e0119451_00452316.jpg

e0119451_00474072.jpg
真名井の滝

e0119451_00474682.jpg
この下へちょっとだけ、近寄ってみて。きゃ~と楽しかった♫
子供達大喜びで、楽しく嬉しい時間でした。

e0119451_00475817.jpg
ボート上手!漕いでくれてありがと~。頼もしい♡


e0119451_00505402.jpg

そして、夜行フェリー、サンフラワー号で神戸港へ。
e0119451_00573946.jpg
フェリーからの朝日。
旅もおわり。帰ってきたよ~。まだ夢の中の子供達だったので、
旦那さんと二人、眺めていました。












[PR]

by otapukku | 2017-11-30 00:59 | にっき
2017年 11月 29日
九州旅行~3日目 天岩戸神社
九州最終日3日目。
この日は、朝から快晴。
コテージからは阿蘇山も見えました✨
気持ちのいい雲。
いまみると、この日の体験と繋がっていたような空。
e0119451_23284472.jpg

子供達は、とにかく、高千穂でボートを漕ぐ!を楽しみにしていたのですが、
まずは、午前中にどうしても行きたかった天岩戸神社へ。

天岩戸神社は、天照大御神さまが隠れた天岩戸(あまのいわと)と呼ばれる洞窟が御神体
天岩戸神話の舞台となった場所。
川上には八百萬の神々集まって、相談をした天安河原(あまのやすかわら)もあります。


天岩戸神社「西本宮」の拝殿は、
御神体である天岩戸を拝む位置に建てられています。

天岩戸は、拝殿の裏がわにあるため、社務所窓口で、お申込みをし、
天岩戸遥拝所へ案内してもらいます。

お祓いを受け、拝殿横の木戸をくぐり御神域へ。
ここでは、カメラは一切禁止なので、写真はありません。

中へはいったとたん、とても甘い香りが、どこからともなく香ってきました。
そして、拝殿の裏側へまわると、身体がびりびり。
太陽信仰のお話しで、涙まで。
天岩戸に目を向けると、びりびりはさらに強くなって。
太陽への感情があふれ出すような感覚。

天岩戸は川の対岸にあるのですが、
その方向を示すために、天井の垂木が斜めになっていて。
その垂木が朝みた雲のようだったな~。と後で思い出していました。


e0119451_23560276.jpg
e0119451_23563229.jpg

e0119451_23570636.jpg

昔の拝殿だそうです。神楽は、切り絵で囲まれた結界の中で行われるそうです。
とても素敵な切り絵でした。鏡も大きい!

e0119451_23573776.jpg

ご神木 招霊の木。の実がこの時期は少しだけ残っていました。
天照大御神さまに天岩戸からでてきてもらうために
この木の枝をもって舞ったそうです。
この実の形が楽鈴の原型なのだそう。

そして、天安河原へ。
歩く道も楽しかったです。
神様達が相談した場所か~♡なんて楽しくなってました。
そんなところで、この旅行で一枚だけの5人での写真。撮ってもらいましたよ。


e0119451_00222282.jpg



e0119451_00242033.jpg
e0119451_00242875.jpg
願いを込めて石を積むのだそう。た~くさん積まれた石にびっくり✨

この後は、高千穂峡へ♪
続きます。











[PR]

by otapukku | 2017-11-29 23:51 | にっき
2017年 11月 29日
九州旅行~2日目 高杉殿の杉と幣立神宮

次に、高杉殿の杉。

雄杉と雌杉が並んでいるのですが、

とてもパワフルで凛としていて、あたたかみのある樹でした。

樹齢1000年なのに、とても健康的で若々しい樹は初めてかも。

お互いしっかりと高く力強く伸びながら、寄り添いあっている。

周りに沢山パワーを送っているようでした。

e0119451_18205833.jpg
大きすぎて、カメラにはまったくおさまらない!

e0119451_18212830.jpg

この後は、幣立神宮(へいたてじんぐう)へ。

神漏岐命・神漏美命【かむろぎのみこと・かむろみのみこと】
大宇宙大和神【おおとのちおおかみ】
天御中主大神【あめのみなかぬしおおかみ】
天照大御神【あまてらすおおかみ】
などが祀られています。

わたし、神社を訪れるのは大好きなのですが、
知識面ではとても疎くて。
なんとなく、行きたいところへ行ってみて,
訪れたところは、後で少し調べてることが時々。
いつも、ぜんぜん頭に残らないのですが、、、

帰ってきてから、幣立神宮について調べてみました。
日の神、太陽、宇宙、火、水、、、
そして多様性を受け入れる、平和への祈り。
そんなキーワードの場所だったんだな~。と

確かに、静かな中にそんな感覚があったことを改めて感じた場所でした。


e0119451_22550709.jpg

e0119451_22554598.jpg


e0119451_22575208.jpg

東御手洗。とても静かな場所でした。八大龍王の鎮まるところ。だそうです。

ここの湧水に杓があったので、一口頂きました。

なんだか、はっとするような一口で。

それから、しばらく、その時に感じた何かを、ずっと体の中に感じていました。


e0119451_22583549.jpg
e0119451_22593092.jpg



この日は、山のコテージに泊まりました。
夜、管理人さんが管理棟で薪ストーブに火をいれてくださり、しばしお話し。
外はめちゃくちゃ寒かったけれど、
真っ暗闇の満点の星空、天の川もくっきりみえました。

ご飯をつくったり、食べるところも、ご飯をつくる余裕もなかったので、
夕食は、レトルトのおでんと、インスタント麺とフルーツ。
寒い寒い。とみんなで、小さなちゃぶ台で食べて。
それもがとっても楽しくて。あたたかい夜でした。









[PR]

by otapukku | 2017-11-29 18:36
2017年 11月 29日
九州旅行~2日目 上色見熊野座神社
2日目は、朝から湯布院も雪がぱらつき。
止んだところで、出発するも、山道には雪が残っていて。霧も濃くて。
ということで、今年初!(旅行前に購入して良かった~)
タイヤにチェーンを装着。

そんなわけで、随分とのんびりペースの2日目となりました。

阿蘇山は中止~。

だけど、行きたかった神社や樹にご挨拶。
これが、とっても良かったです♡

熊本県阿蘇郡高森町にある上色見熊野座(かみしきみくまのいます)神社へ行ってきました。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、

伊邪那美命(いざなみのみこと)、

石君大将軍(阿蘇山を創った神・健磐龍命〈たけいわたつのみこと〉の荒魂といわれる)

が祀られています。


この神殿のさらに奥へと登っていくと、

大きな風穴のある、「穿戸岩(うげといわ)」があります。
阿蘇山の神・健磐竜命の従者であった鬼八法師が蹴破ったといわれているそうです。


この風穴!予想以上に大きくて!!!ただただ圧倒されていました。


参道を歩くうちに、どんどん元気になる神社でした。
風穴に到着すると、とっても気持ちよく、晴れ晴れとした気分。
向こうに広がる紅葉も綺麗でした。

e0119451_17134919.jpg

e0119451_17135709.jpg

e0119451_17142109.jpg

そして、この神社のほぼ向かいには、
いろりで田楽を焼いてくれるお店がありました。
これには、みんなで大感激。
この素朴さと美味しさにすっかり心奪われたランチでした。
おかみさんもや、お店の方もとってもあたたかく。
ひょこりと、庭に登場したたぬきともご挨拶しました。


e0119451_18435585.jpg
e0119451_18434868.jpg


このあと、川を見る度に、あまご釣りたいコールの子供達。
あまごの美味しさに驚いていました。




この後は、もう2か所まわりました。

次へと続きます。
















[PR]

by otapukku | 2017-11-29 17:15 | にっき
2017年 11月 29日
九州旅行~1日目 別府、由布岳
先週、家族では初めての九州へ行ってきました。

旅行ってほんと、いいなあ。備忘録

夜行便のフェリー、サンフラワー号で
神戸港から、大分へ

船の名前がサンフラワー号。
船内で流れるサンフラワーの歌に「太陽に守られてゆこう。」
というフレーズがあって。

旅が終わったときに、太陽と縁があった旅だったなぁ。と感じていました。

一日目は、おんせん県、大分
別府地獄めぐりと、由布院へ

別府!!!町中から、湯気がもくもく。
温泉がいたるところから噴き出していて。
どれも、個性豊かでびっくり。
7つの地獄めぐり(7種類の温泉を見学)をしました。
どれも、98度近くあって、入るのではなく、まず、みてまわりました。
水色、泥、赤色、噴出しているもの。個性豊かで。
そして、普段意識しない。地球の中、熱いのね~。ということを実感。

そして、見学だけで、ちょっと湯あたり気分になりつつ
最後に温泉に入ってきました。

真っ青な青空と、雄大な山を眺めながらの、泥の温泉。
男女別で入り、最後の到着場所、露天風呂では男女混浴。
でも、泥温泉で、浸かっていれば、なんにもみえないので、恥ずかしさゼロです♡
とっても気持ちよかったです♪
スケールがすごい!

湯布院へ向かう途中の由布岳ももんのすごく気持ち良かったです。
どこまでも広がる黄金色と青空

季節が違うと、また、違う色に出会えるんだろうなぁ。

この日は、由布院をぶらぶらして、お泊りしました。


e0119451_16570370.jpg
e0119451_16571189.jpg
e0119451_16571788.jpg

e0119451_16424745.jpg
帰宅後、おじいしゃん、おばあちゃんへ手紙を書こう。ということで、
まだ、字がかけない3女に、なにかきたい?と聞いたところ、このセリフ(笑)
見本で書いた字を、まねして、自分で書いていました。
いつのまにか、字をまねしてかけるのにも感心しつつ、字がかわいい♡
 













[PR]

by otapukku | 2017-11-29 16:35 | にっき
2017年 11月 15日
今日も伝えよう
時間が不思議。
この一週間でもいろいろとあって、
一週間が長いのか短いのか。
この頃は亡くなった方のお話しをきくことも多くて。 

次女、きこは先日8歳になりました。
出産の記憶はとても鮮明で、まるで昨日のことのようです。
あっ!と思ったら8歳。
いつもそう感じる子供達の誕生日。 

そして、最近読んだ本。
佐治晴夫さんの「ぼくたちは今日も宇宙を旅している」 

一瞬一瞬が、儚くて、同時に永遠のようなかけがいのないもの。
そんな感覚が以前よりも増している。 

最近、家族で話したのが、子供達の山村留学。について。
一年間、親元を離れての生活。
長女はいってもいいかな~♡楽しそう♪ 発言(!)

去年、半年間、週末の自然学校のプログラムに参加をしていたのですが、
家族と過ごせない!と嫌がっていたのに。 

成長したなぁ。と感じるとともに
わかっていたつもりですが、
子供達との一つ屋根の下生活もあっという間。ということが、
妙にリアルに感じて。 

あれから、時々、きゅ~ん。となるわたしです。 

旦那さんが、よくいう言葉
「あ~。幸せだなぁ。
かわいい子たちと奥さんに囲まれて。いつ死んでもいいなぁ」 

わたし、このセリフ、
現状満足し過ぎ、とか、
死んでもいいなんていわないでよ~。と、
あまり好きではなかったのですが、、、

昨夜は、このセリフを聞きながら、
あ~。こんな風に今を味わっている彼が、とてもいいなぁ。
それを聞いてるわたし、嬉しいなぁ。なんて。 

彼を通して、わたしの感覚が変化していること感じていました。 

今日も、伝えたいことは伝えて、
抱きしめたいものは抱きしめよう。




e0119451_14033932.jpg









 ☆

[PR]

by otapukku | 2017-11-15 13:58 | きらきらのこと