<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 25日
マスタークレンズ 10日目 
e0119451_1133445.jpg今日で10日目。マスタークレンズという断食中。
5年ぶり2回目の断食です。
前回は7日間+復食3日。
結果は、あまり覚えてないけど、私にもできるんだ☆という喜びと、
アルコールにとっても弱くなって驚きました!
(わたし、かわいい。とは思ったけど、これはちょっと残念。かな?)
デトックスの効果はあまりわからなくて
(デトックスサインの舌の白いのが消えないうちに終了したからかも)ちょっと残念だったのです。
痩せたりもしたけど、気づいたら、元に戻っていたし。

それ以来、なんとなくまたやりたいな。と思っていて。

今年に入って、身体のメンテナンス、食べ物などの見直し。
というメッセージが何度となくやってきて。
ついに、やりますか!という感じで始めました。
春はデトックスにも最適の季節だし☆
それに、、、出産ごとに、なんとなくじわじわと増えた体重もだんだんと気になってきて、
もう見過ごせない!というのも正直あって。

備忘録も兼ねて、マスタークレンズレポートです。

普段、ベジタリアンなので、前準備(1週間前はベジ食で小食に)は、
小食にすればクリアしていると思っていたのですが、、、
すっかり!カフェイン抜きにすることを忘れていました。
むしろ、いつもよりカフェインをとることが多くて、、、、
そんなこんなでか?最初の2日間はちょっと頭痛に悩まされました。
3日目からはそれもなくなり、元気に。
ただ、今回は冷えがちょっと辛かった。
次第に収まるも普段よりは冷えてるいる気がします。
もう少し暖かくなってからが良かったかも~。と思うくらい。
とはいえ、レモンのベストシーズンは終わりに近づいているし、果汁も少なくなるし、
次にやるときは冷えない身体づくりも目指そう!

デトックス目的であれば、10日以上はしたほうがいいらしく、
この情報は1回目は知らなかった。
確かに、今日は10日目だけれど、デトックスの様子が変化しているのを感じます。
舌の様子とか、朝のSFW(Salt water flash.朝一番に塩水1リットル一気に飲みます。
強制的に腸のお掃除)の様子とか。
ちなみに、私は、割とつらい人が多いこの朝のSFWは全く平気です。
若かりし頃の生ビール早飲みが得意だったのが、功を奏しているみたい♡てへへ。
そうそう、私は毎朝、舌のお掃除日課にしてるのですが、
(アーユルヴェーダー的にも朝の舌のお掃除お薦めです。)
この舌の汚れも、普段はバイオリズムの朝の排泄の時間以外はほとんど出ないのに、
この断食中は最初のころは一日中出てきます。
10日目の今日は、随分と少なくなってきました。
食欲に関しては、まったく悩まされていません。これは、レモネードのおかげかな。
ミネラルも摂取してるし、カロリーもそこそこあるし。

特に何日やるぞ!とは決めずに始めたマスタークレンズ。
終わりはデトックスサイン(舌が白くなるのがピンクに戻る)をみて
決めようかと思っていたのだけれど、
21という数字に縁がある最近なので、21日はやってみようかな。と思っています。
マジカルナンバーとかミラクルナンバーといわれるこの21。
3人の人に愛を込めて何かをする。その次の3人がそれぞれ3人に。。。と繰り返せば、
たった21日間で全世界に広がる。
とか、ヨガでは同じことを21回繰り返すと、潜在意識に浸透する。
という知恵があるということも教わり。
そういえば、レイキの最初の自己浄化期間も21日間だなぁ。
とりあえず、21日は続けて、私の身体のシステムを新システムにしよう~♪と思ってます。

続く。
[PR]

by otapukku | 2016-03-25 23:55 | にっき
2016年 03月 20日
長女を出産後、いろんな育児書を読んでいる中で印象深かった、乳児院の保育士さんの手記。
ちょうどそのころ、神戸新聞でも「あなたの愛の手を」という里親募集の連載が気になり、
必ず目を通していた。
乳児院の赤ちゃんを抱っこする、そんなボランティアがあったら、
すごくいいんじゃないかな。って思うようになっていた。
ボランティアだからこそ、抱っこに集中して、抱っこの時間を増やしてあげる。
そんなことができるんじゃないかな。って。

時々、乳児院や、ボランティア募集のことなんかを検索していたりした。
けれど、これがはっきりと自分のやりたいことなんだ。って、まったく結びつかなくて。
いつも自分のやりたいことってなんだろう?って考えていた。

今春からの3女の入園でわたしの時間ができる。
何しようかな。と思ったときに、乳児院での赤ちゃんの抱っこ。
この思いが急に現実感をもって大きく私の中で膨らみ始めた。
ドキドキしながら、初めて乳児院に電話をして、思いを伝えた日。
見学の許可を頂き、電話を終えて。
嬉しくて、嬉しく、涙がとまらなくて。
あ~。わたし、ものすごく嬉しいんだ!やりたかったんだなぁ。と。

抱っこされている赤ちゃんは、そこに、世界中の平和と安心があるみたい。
抱っこされながら、わたしは愛されている。生まれてきて良かった。とか、人を信じる。
そんな生きていく根っこが育まれている。
そんな時期のように感じる。

抱っこを通して、赤ちゃんたちに、生まれてきてくれてありがとう。の気持ち、伝えたい。

今、乳児院に受け入れてもらえるように、動いているところです☆
ぐるーん、という乳児院の赤ちゃんを抱っこする抱っこサポーターや、スポンサーを募集したり、里親支援をしている、
同じ気持ちの人たちが集まったボランティアグループがあることも知りました。
わたしも、抱っこサポーターに登録しています。
お互いの活動状況や、いろんな情報を得ることができます。
でも、まだまだボランティアを受け入れてくれるところが少なく、
登録サポーターは年々どんどん増えているのだけれど、
実際に活動できている人は少ないのが現状です。
でも、きっとこうして、サポーターさんが増えているってことは、
受け入れてくれる施設もこれから、どんどん増えていく。そんな予感がします。
みんなの気持ちがどんどん動いている。ってことだから。
わたしも、その、小さくて大きな一歩になりたい。

そして、もっともっと、ぐるーんのことも広まるといいなぁ。
それは大きな原動力になっていくと思うから。

今は、見学させて頂いた乳児院からのお返事待ち中です。
お洗濯ものをたたんだりするようなボランティアはあっても、
子供とかかわるボランティアは前例がないとのことで、
検討して頂いているところです。
願いが叶いますように。

春。です♡

e0119451_1132838.jpg

[PR]

by otapukku | 2016-03-20 00:19 | きらきらのこと